腸活はお腹の調子を整え、ダイエットに繋げるために行われていて、専門医もサポートしてくれます。

HOME>イチオシ情報>健康や美容を意識しながら腸を活発化させる

和食と洋食から選ぶ

お腹

健康・美容を目的とした腸内環境改善のために腸活を始めるのならば、運動と食事管理はセットで考えます。しかし、継続できなければ意味はなく、食べる行動(行為)は誰もが日常的に行っているはずですから、健康食品を上手く摂り入れた腸活をまずは選びましょう。古くから、ヨーグルトなどの乳酸菌を摂ると便秘などが改善されるといわれています。動物性乳酸菌と植物性乳酸菌、この2つは腸への届きやすさが異なります。動物性より植物性の方が生命力が強く、生きたまま腸に届き、乳酸を出して善玉菌を増やしてくれます。選ぶならば、ヨーグルトより漬け物、味噌など、日本の伝統食です。基準におくのは、食物繊維、植物性乳酸菌、穀物を多く摂れるような和定食です。洋食を選びたいのならば、腸を刺激してくれる適度な脂質(オリーブオイル)も必要です。サラダならば、ピュアオイルのドレッシングを選びます。

便秘と下痢で異なる食

女性

腸活ダイエットでも、水に近い下痢をすれば体重減量ができるなど、間違った知識で臨む人も少なからずいます。便秘よりマシ、という考えもあるようですが、腸活と一口にいっても、便秘と下痢の時の食事の摂り方には違いがあります。例えば、腸活において野菜や海藻、芋類などは積極的に摂り入れることが謳われています。しかし、食物繊維の多い健康食品は、人によっては腸に負担をかけることもあります。下痢の間は控えたほうがよいことも知っておきましょう。

お腹の調子を検査してから始める

胃腸

腸内環境を整える意味を持つ腸活ですが、多くの人のイメージは便秘を解消するための活動でしょう。便秘にも種類があり、それに合わせて腸活を始めることが必要なのです。ちなみに、弛緩性とけいれん性のみならず、直腸性や腸の疾患による器質性便秘があります。大きな病気によるものでないことが分かってから、食生活を改善しましょう。消化器内科、大腸専門医、最近では便秘外来までが誕生していますから、腸検査を行うことで実行しやすくなります。ちなみに、健康食品なども医師が監修していて、安心して使えるフードです。

広告募集中